作業員

屋根が劣化したなら屋根塗装をしておこう!

施工を行うメリット

作業員

屋根の修理は雨漏りを直すというだけでなく、新築同様に美しい状態に出来る、軽い屋根材へと変更して、地震の際の倒壊リスクを抑えるといったメリットもあります。相場を事前に知っておけば、業者を選ぶ際の参考になるでしょう。

屋根の施工は専門業者に

一軒家

神戸で業者に屋根工事を依頼したいのは、工事の質が高くDIYでするより確実性があるからです。また、転落事故などのリスクも回避でき、安全安心の工事が行えることも魅力と言えます。屋根工事に必要な資金の相談をし、ローン会社の紹介などを行う業者もあるので、資金面で悩んでいる人も利用しやすいです。

施工内容や平米単価

作業員

屋根塗装では、最初に足場が設置され、そこに養生シートが取り付けられます。そしてその上で、屋根材の洗浄や補修が行われます。その後屋根には、ウレタン系などの塗料が2回塗られます。トータルで約50万円の費用がかかるのですが、これにより屋根の耐久性が高まり、将来的な負担が軽減されることになります。

屋根を塗装する

屋根

業者を選ぶポイント

屋根は住宅を紫外線や雨から守る重要な部分なので、塗装の色があせてきたら、業者に依頼して屋根塗装を行ってもらうことが大切です。屋根塗装の業者を選ぶときには、価格だけにつられて業者を選ぶのは避けて、使用する塗装の種類や施工内容に注目しましょう。業者から屋根塗装の見積もりを取って、施工内容に対しての費用に納得のいく説明ができない業者は、利用するのを止めましょう。屋根塗装を行っている業者は工事の内容を書面に残さずに、口約束だけで契約を取っている業者が少なくありません。そういった業者に屋根塗装を行ってもらうと、約束した施工を行ってもらえないリスクがあります。したがって屋根塗装を行ってもらう業者を選ぶときには、施工内容を口約束ではなく書面で残してくれる業者を選びます。丁寧な屋根塗装を行っている業者は固定客がつくため、地元で長く続けている業者が多いです。そのため屋根塗装の業者を選ぶときには、地元で多くの施工を行った実績を持っている業者から、選ぶことがポイントになります。業者の情報を集める時には知り合いから教えてもらったり、インターネットを利用して業者の情報を得ます。最近は自社のホームページを持っている業者が多く、業者のサイトを確かめる事で、過去の実績や職人のレベルを調べられます。屋根塗装は屋外での作業になるため、工事では塗料が飛び散って住宅や車などに損害を与えるリスクがあります。そこで屋根塗装の業者を選ぶときには、保険や保証のしっかりしている業者を選ぶことが重要になります。