一軒家

屋根が劣化したなら屋根塗装をしておこう!

施工を行うメリット

作業員

メリットを確認しよう

屋根修理は雨漏りしている箇所を直すなど、屋根としての機能を維持する目的で行うケースが多いようです。屋根としての機能をキープさせるというだけでなく、他にも修理する事で得られるメリットはあります。例えば葺き替え工法やカバー工法で、全ての屋根材を既存のものから新しいものへと変えた場合、新築同様の美しさに生まれ変わります。屋根は外観の大部分を占めている事もあり、葺き替え工法やカバー工法で修理すれば、家のイメージを大きく変えられるのです。また、地震の際に倒壊するリスクを、抑える事が出来るという点も修理を行うメリットです。古い住宅の場合、日本瓦を使用しているケースも少なくありません。日本瓦は50年から100年も耐用年数があると言われており、耐久性の高さから選ばれています。しかし、かなり重みがあるので地震が起こった際、家に大きな負荷がかかり倒壊してしまうリスクが高いのです。重い日本瓦から軽いスレートや、ガルバニウム鋼板といった屋根材に変える修理を行う事で、地震での倒壊リスクを下げられると考えられています。雨漏りを直すというだけでなく、美観を整える、地震対策としても修理は有効です。葺き替え工法やカバー工法は屋根材を一新するという大きな修理となりますが、塗装でのリフォームであれば手軽に行えます。塗装は屋根の防水機能や耐久性を高める、新しく塗料を塗る事でキレイに出来るというメリットがあります。修理を行う場合は、事前に相場を知っておくと安心です。葺き替え工法やカバー工法の場合は約70万円から200万円程度の費用が相場です。塗装でのリフォームは、おおむね100万円以内が相場となっています。費用相場を知っておけば、業者を比較する際の参考になるでしょう。