一軒家

屋根が劣化したなら屋根塗装をしておこう!

施工内容や平米単価

作業員

屋根や屋内の劣化を防止

屋根塗装の料金は、屋根の広さはもちろんですが、高さによっても異なってきます。なぜなら屋根塗装では最初に住宅周辺に足場を組む必要があるのですが、屋根の位置が高いほど、足場材が多く必要となるからです。足場費用の平米単価は約700円なので、150平米の足場を組む場合は、約10万円の料金が発生します。また足場には養生シートが取り付けられるので、その料金も1平米あたり300円ほど加算されます。さらにその後、屋根材の汚れを除去したり、剥がれている部分を直したりといった下地補修が、約500円の平米単価で行われます。このように屋根塗装では、下準備にも多くの手間隙と費用とがかかるのです。もちろん塗装においても、相応の費用が発生することになります。使用する塗料にもよるのですが、特によく使われているウレタン系塗料の場合、平米単価は約1500円となっています。しかもこれを屋根全体に2回塗ることになるので、単純計算で平米単価は約3000円となります。したがって80平米の屋根に施工する場合は、塗装だけで約24万円の費用がかかります。下準備の費用とあわせると、トータルで約50万円となるわけです。しかし屋根塗装を行っておくと、その分屋根の劣化を防ぐことに繋がります。屋根が劣化すると、雨漏りが発生しやすくなりますし、さらに雨漏りによって屋内の状態も悪くなっていきます。改善には数百万円もの費用がかかることもあるので、それと比較すると屋根塗装は安上がりと言えます。そのため多くの人が、将来における負担軽減のために、積極的に業者に屋根塗装を依頼しています。